在宅医を選ぶときのポイント

在宅医を選ぶときのポイント

Q.質問
家の近くに訪問診療や往診をしてくれる診療所があるのですが、近所の評判があまりよくないのです。在宅医を選ぶときには、どういう視点が必要でしょうか。

A.答え
がんを患った方を担当する在宅医として次のような医師が望ましいと思います。

1)夜間・休日でも対応してくれる医師
2)定期的な訪問診療だけではなく、夜間・休日でも往診してくれる医師
3)オピオイド(医療用麻薬:モルヒネなど)を処方できる資格を持っている医師
4)必要以上の治療をせず、しかも放置することがない医師
5)ケアマネジャー訪問看護師などの多職種を理解し対等な関係性を保てる医師
6)それぞれの人の生き方・逝き方にきちんと向き合おうとしてくれる医師

一見、優しく見えないような医師もいますが、ほとんどの医師は、きちんと向き合ってくださると思います。

執筆者宮崎 和加子
公開日2021年7月1日
文書番号gw0050

【関連記事】

【関連キーワード】

Powered by Helpfeel